PR【高タンパク糖質制限ダイエット】

コラム

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

メタボリックシンドロームは内臓肥満肥満症

いろいろな所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることで運動不足にならないようにし、食生活も整え、身体に蓄積してしまった脂肪をなくすことです。

40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが急激に増えると言われています。そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリックシンドロームの可能性を秘め、いわゆる「予備群」として存在しているといわれています。メタボリックシンドロームに陥る原因は、言うまでもなく体脂肪が増加する身体ということは忘れてはならないことです。身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間にとってはひとつの本能で、それは人が生きていくために必要不可欠なことです。生まれながらにして太りやすい、体脂肪を貯めやすいという人もいて、そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、そうでない人よりもさらに真剣に食生活を改善し、整えていく必要があるでしょう。肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い影響を与えてしまいますから、そうならないようにしっかりと予防することが大切になります。体脂肪率をきちんとチェックして、恐ろしいメタボリックシンドロームを防ぐようにしましょう。

ダイエットは食事から

体重を減らそうと思い立った時、まず直面するのが食事の問題です。健康的なダイエットを達成するためには、適度な運動と共に食事面からの改善が重要です。極端な食事制限は健康を害するだけでなく、リバウンドの原因となって結局太ってしまったり、ストレス原になって精神に悪影響をきたすことになります。体重を落とし、かつ健康になって豊かな心を手に入れるためには、ダイエットをサプリメント等に頼らず食生活を改善するところから始めましょう。ダイエットをする上で食事に気を使う事は大切です。まず野菜は、低カロリーでビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富で、食物繊維も多く含んでいます。サラダは体を冷やしてしまうこともありますので、生で食べるよりも、温野菜を中心にて食べましょう。スーパーなどでドレッシングを選ぶ時は、ノンオイルのものを使いましょう。油分を控えて手作りのドレッシングを作ることもおすすめです。油脂成分控えることで体重を減らそうと肉類や魚類を完全に断つ人もいますが、栄養面でもよくない上に健康を損なうことにもなりかねません。肉や魚には豊富なタンパク質が含まれており、筋肉を作るに当たりタンパク質は必須です。筋肉をつけることにより基礎代謝が上がり痩せやすい体にもなります。青魚の脂には血液をサラサラにする効果のあるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、魚介類は貴重なタンパク原です。ダイエット中でもバランスの取れた食事を取る事も大切です。油を使わない調理法を工夫することも大事です。蒸し料理や電子レンジなどでの加熱調理、煮物などを作ることで摂取する油の量を減らすことができます。炒め物の時などに油の使用量を控えるために、専用のグッズで油を噴霧する方法もあります。

タイトルとURLをコピーしました