PR【高タンパク糖質制限ダイエット】

【黒汁フィットネス】運動をしても思ったように痩せないとお悩みの方へ お得な購入方法

この記事は約3分で読めます。
この記事を書いた人

管理人のKOTOBUKIです。「女性がより美しく」をテーマ-に書いています。このブログが、女性の『綺麗』をサポートできれば幸いです!

KOTOBUKIをフォローする

この記事では、約300億個の善玉菌をバランスよく含んでいるという【黒汁フィットネス】を解説していきます。

コロナ渦で、フィットネスしたくても外に出られないといった方や、ご多忙の方に向けた記事です。

スポンサーリンク

黒汁フィットネスとは

SNEKO
SNEKO

こんにちは!今回は「黒汁フィットネス」を紹介していきますね。

「黒汁フィットネス」は、福岡市中央区に拠点をおくユーコネクト株式会社が手掛ける、ボディケアに特化したサプリメントです。

会社名 : ユーコネクト株式会社
所在地 : 福岡県福岡市中央区天神1丁目6-8 天神ツインビル8F
連絡先 : TEL/092-401-2215
代表者 ; 代表取締役 社長 佐藤 賢吾

黒汁フィットネスは、主に20代〜50代の男女の幅広い方に愛用されています。

「運動をしても思ったように痩せない」とか、「多忙でフィットネスに行く時間がない」「ボディをもっとサイズアップしたい」といった悩みに寄り添うサプリメントです。

黒汁フィットネスはこんな人におすすめ
・運動をしても思ったように痩せない方
・フィットネスしたくても忙しくて時間の無い方
・カラダのサイズアップにお困りの方
・化粧のノリが悪くなったと感じている方
・「スッキリしない」と悩んでる方

黒汁フィットネスの正体は

SNEKO
SNEKO

黒汁フィットネスの成分を説明していきますね。

汁フィットネスの原料は赤松炭です。

『赤松炭』とは赤松を炭に加工したもので、赤松に含まれる松脂が抜けて内部がスポンジ状になっているのが特徴です。

他の木材を使用した炭と比較して、赤松炭は有用性に優れていることで知られています。

赤松炭は、遠赤外線効果で中までしっかり火が通ります。

にあるたくさんの小さな孔が微生物の住みかになり、微生物の繁殖を助けるので、赤松炭は発酵食品を作る原料などにも利用されています。

その原料となる赤松炭に3っのサポート成分が配合されています。

・オリゴ糖 ・サラシアエキス・酸素

・酪酸菌・ナノ乳酸菌・17種類の乳酸菌・5種類の乳酸菌

黒汁フィットネスの飲み方は

SNEKO
SNEKO

黒汁フィットネスの飲み方を説明しますね。

黒汁フィットネスの飲み方は簡単です。

①コップに150cc程度の水かぬるま湯を注ぐ。

②黒汁フィットネス1包を入れて飲むだけ。

黒汁フィットネスは「黒いから」と、ためらう方もいるでしょう。

「ほんの少しだけ炭の香りがするかな?」

「真っ黒なわりに味は気にならないかな…」

とその程度です。

ただ真っ黒な水やぬるま湯を飲むのに抵抗がある方は、牛乳に混ぜて飲むのがおすすめです。

黒汁フィットネスのお得な購入方

SNEKO
SNEKO

*定期便は特別割引でお送りするポイントのつかないコースです。
*定期便は3回以上の継続を前提とした特別割引コースです。

▼代金引換とクレジットカード自動決済が利用できます。

おすすめダイエットサプリランキング
ザ・糖質スーパープレミアムダイエット

糖質制限サポート2大成分「ギムネマ」と「サラシア」の配合量を原料・純度はそのままに従来品より増量致しました。さらに配合比率も従来品よりも「高い実感」を求めて、メーカーと試作を繰り返し、ギムネマとサラシアが引き立て合う最適な当社独自の黄金比に設定しました。結果、製造コストは上がりましたが、満足度、安心度の高いプレミアム品質の糖質サポートサプリが完成しました。

燃えるだけで終わらないダイエット【コレスリム】

色んなダイエットがあるけど、どれをしたらいいんだろう・・・・
ダイエット色々試したけど結果がでない・・・・
そんな方にぜひ使って頂きたいのが
燃やすだけでは終わらない燃焼系サプリ【コレスリム】です。

理想のカラダ作りをサポートするホルモスリムサプリ【ダンダンスラリ】

睡眠が美容に良いことは知られていますが、ダイエットにも睡眠が重要であることが最近の研究で明らかになりました。この2つのホルモンは、食欲以外にもエネルギー代謝や脂肪の蓄積、リバウンドの原因にもなっております。この2つのホルモンを制することがダイエットとってとても重要です。そこで、生活習慣を変えることが難しい現代人の為に、特許成分(酵母ペプチド)を配合したサプリメントを開発しました。

ダイエット
スポンサーリンク
KOTOBUKIをフォローする
美容マニアKOTOBUKIブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました